2005年07月01日

Roxy Music /Country Life

このブログを見た友達から電話があって
「ですます調の文章はテンポが悪い」と言われたので
ですます調はやめる事にした。



今日聴いた1枚目はロキシー・ミュージックの1974年発表の4枚目のアルバムで
ジャケットがとても素晴らしい(笑)作品。
ロキシーのアルバムはそこはかとなくエロいジャケが多いが
このアルバムのジャケは当時のアメリカ盤では差し変えられたとか。
実は僕も20代前半の頃、ジャケに釣られて買ってしまったのだが
いざ音を聴いてみるとその時はあまり心にグッと来るものがなかった。

ロキシーはT.REXやデビッド・ボウイと同じく、
グラムロックのカテゴリーに入れられたりしているが
僕個人の感想としては、グラムにしては洗練されすぎで
「少しおじさん向けの音楽」という印象が強かった。
自分がおじさんくらいの年齢になって聴き返すと
直球のようで変化球のような、洗練されているようで下世話な、
いい意味でバランスの悪い世界観が心地良いいことに気付かされた。
特にヘッドフォンで聴くと、「ああ、こんな音も入ってたのか」と
新たな発見があってスルメのように噛めば噛むほど味が出るアルバムだ。
僕も歳をとったと言う事なのか???



Country Life [ORIGINAL RECORDING REMASTERED] [FROM US] [IMPORT]



[今日の怨み屋]
今日はビジネスジャンプの発売日。
怨み屋本舗第71話「マーキング」掲載。
空き巣と戦う話です。

posted by 栗原正尚 at 21:24| Comment(2) | TrackBack(1) | Rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前、私のところのジャズ専門だったお客が急に女性アーティストに目覚めて次第にエスカレートしてしまい狙いが綺麗どころのちょいエロい線に向かったので、こちらもこのアルバムをわざと目立つところに置いたら迷わずお買い上げ頂きました。
女性アーティストでもないし、内容以前の完全なるジャケ買い!恐るべし。
Posted by ゲリロン at 2005年07月02日 14:59
大好きな曲は”Out Of The Blue”でありまして
Posted by taha at 2005年10月02日 14:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4769031

この記事へのトラックバック

粋で鯔背なモテモテ野郎!
Excerpt: COUNTRY LIFE / ROXY MUSIC ロキシー・ミュージック 70年代のブリティッシュ・ロックを語る上では外すことのできない重要なグループ。リーダーのプライアン・フェリーはミスター..
Weblog: RockだっPon!!
Tracked: 2005-10-02 14:00