2005年07月25日

シルバー・アップルズ  Silver Apples/Contact

これは、たまに雑誌やネットで「ゆらゆら帝国が影響を受けた」と紹介されていたので
「聴いてみたいな」と思って探していたけど売ってなかった物で、すっかり買うのを忘れていたが
ふと思い出してAmazonで調べたら900円代で売ってたので買ってしまった。

このCDは1968年と69年に発売された1st「Silver Apples」と2nd「Contact」の2in1CDで
1〜9曲目が1st、10〜18曲目が2ndとなっている。
僕が読んだ物には「銀のジャケットにリンゴの絵が印刷してある」と書いてあったが
このCDは白い紙にリンゴの絵、裏表紙には2ndのジャケットが印刷してある。
銀のジャケが欲しければ本物のLPを探すしかないって事か。

で、聴いた感想は一言、「いやあ、不覚だった。」
こんなにカッコいいバンドを見逃していたとは・・・。
説明不能のカッコよさなので聴いてもらうしか方法はないが
メンバーはドラムとシンセの2人組で、インナーにはご丁寧に機材のセッティング図まで書いてある。
ドラムはものすごい数のタムを使ってて、その図がまた笑える。
シンセの事はよくわからないけど、ラジオも楽器の一つとして使用しているのは
1968年当時としては画期的だったのではないでしょうか?
というか1968年って僕の生まれた年だし。

確かにゆらゆら帝国で使われている効果音の元ネタと思われる音(「ロボットでした」の音とか)も垣間見られたりして楽しめるし、
「この手の」音楽にしては非常にわかりやすい。
とにかく何とも言えない、カッコいいおバカな感じがカチリと僕のツボにはまってしまったが、
多分、嫌いな人はとことん嫌いな音楽でしょう。
惜しむらくは、このバンドはこの2枚のアルバムリリース後に消えてしまったという事。
90年代半ばに再結成されたとの事だが、音源があるなら是非ともそっちも聴いてみたい。

Silver Apples/Contact [BEST OF] [FROM UK] [IMPORT]




[今日の怨み屋]

怨み屋本舗番外編2本立て「怨み屋支店」「十二月田本舗」掲載の
ビジネスジャンプ増刊ビージャン魂(こん)発売!
共に30ページ以上あり、現時点では単行本化未定なので是非お買い求め下さい。


bjkon24.jpg
posted by 栗原正尚 at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | Rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
SILVER APPLES久々に聴きました!
確か97年頃にCD化されたと思うのですが、当時新し物好きが注文して「これはダメだわ・・・」と私にプレゼントしてくれ、私はハマってしまいました。
今聴くと単調でバカっぽいんですよね。しかし、68年頃にこの音を出してたのはある意味かなり進んでいたのではないでしょうか?あの電子楽器は開発者で奏者の名前からSimeonと名付けられていています。写真では野外のような場所で演奏していますが、あのドラム・セットとSimeonの仰々しさを考えるとツアーとかに出られたのでしょうかね?
その後のリリース情報は下記で検索出来ます。このサイトは便利で私も商売上よく覗いてます。
http://www.allmusic.com
98年リリース作品は残念ながら私も未聴です。
Posted by ゲリロン at 2005年07月26日 13:04
面白いサイトの紹介、ありがとうございます。
98年の作品を試聴してみましたが
なんか普通の音楽になっちゃってますね・・・。残念。
Posted by 栗原正尚 at 2005年08月01日 19:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5355330

この記事へのトラックバック