2009年06月21日

エアジョーダンを修理してみた

僕はAIR JORDANのプチコレクターですが、
久しぶりに履いたエアジョーダン11LOW(1996年製)の右足のソールが
ベリッと剥がれてしまいました。
一説によると、2000年以前に製造されたナイキのスニーカーは
接着剤が良くないらしく、経年と共に剥がれやすいらしいです。
自分がこういう目に遭うと思っていなかったので驚きました。

加水分解していると修理は不可能なのですが、
幸いソールが剥がれただけなので、元職人の腕をふるい、修理をする事にしました。

P1060382.JPG


用意するのは接着剤とビニール紐。
接着剤はゴム用がいいです。
お勧めは「セメダイン スーパーX2 クリア」。
透明タイプなのでどんな素材にも使えます。
瞬間接着剤は、説明すると長くなるので割愛しますが、絶対に使ってはいけません。


P1060383.JPG


P1060385.JPG



張り合わせる面それぞれに、素早くムラ無く塗ります。
2〜3分乾かしたら、二つのパーツを貼り付けます。
張った後、靴を履いて圧力をかけます。


P1060387.JPG


その後、ビニール紐でグルグル巻きにして、
最低24時間は放置しましょう。


P1060388.JPG


するとこんなに綺麗に直ります。
貼りきれていない隙間などは、つまようじで根気よく接着剤を付けて
再度接着してみて下さい。

しかしこのエアジョーダン11 LOWは本当に素晴らしいスニーカーです。
軽くて、メッシュ部分の通気性が良いので夏は大活躍です。
また復刻しないかなー。


posted by 栗原正尚 at 20:58| Comment(2) | TrackBack(0) | AIR JORDAN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。