2014年09月06日

今後の予定


グランドジャンプ23号 (11月5日<水>発売)にて
怨み屋本舗新シリーズ開始!


単行本3ヶ月連続刊行

10/20  神アプリ 8巻(秋田書店)

11/19  怨み屋本舗REVENGE 11巻(完)

12月下旬 フードンビ1巻


その他、秋以降はイベント参加やトークライブ等々ありますので
詳細が決まり次第お知らせします。



■試し読み一覧

怨み屋本舗REVENGE(集英社サイト)

神アプリ(秋田書店サイト)

フードンビ(集英社サイト)


神アプリ2014-08号サムネイル.jpg


posted by 栗原正尚 at 09:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 怨み屋本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

アシさんが受賞

ヤングマガジン
2014年6月期の新人賞でうちのアシさん
時宗孝輔君が佳作を取りました。
おめでとうございます!

ちなみにうちで採用になったレギュラーアシさんはほぼ100%新人賞で受賞しています。
そのうちまた新規アシさんを募集する予定なので
賞を取りたい漫画家志望の方は応募してください。
厳しく育てます。


IMG_20140806_134609265.jpg
posted by 栗原正尚 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 怨み屋本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

怨み屋本舗REVENGE最終回

本日発売グランドジャンプ17号で「怨み屋本舗REVENGE」(第66話)は最終回を迎えます。
ちなみにグランドジャンプが創刊して66号。
「怨み屋本舗REVENGE」は唯一創刊号から休まず続いていた作品でした。

ところで「怨み屋本舗REVENGE」は開始当初から11巻で終わる事は決まっていました。
なぜ11冊なのか?
丁度「怨み屋本舗REVENGE」11巻は、怨み屋シリーズ通算50巻になるのです。

怨み屋シリーズは10年以上続いているし(現在14年目)
広げた風呂敷を一回畳みたかったし
50巻で一区切りを付けたかったのです。

と言いつつ、今号の最終ページにはあるお知らせが載っています。
まー、こういう事です。
これからも応援よろしくお願いします。




posted by 栗原正尚 at 00:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 怨み屋本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月23日

フードンビ




すっかり告知を忘れていましたが
4月からグランドジャンプPREMIUMで
「フードンビ FOODOMBIE」という
新連載が始まっています。



ゾンビ物のようで実は・・・
という内容になる予定です。


現在第3話まで掲載。
単行本は多分来年初頭発売になると思います。





第1話は集英社サイトで試し読みできます。

http://grandjump.shueisha.co.jp/original/foodombie/





最新号掲載第3話のハイライト。

フードンビ カット サムネイル.jpg
フードンビ03p.jpg







posted by 栗原正尚 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 怨み屋本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

怨み屋本舗REVENGE10巻、神アプリ7巻、同時発売!

怨み屋本舗REVENGE10巻と神アプリ7巻が7月18日に同時発売されました。


ur11.jpg

kami07.jpg


秋田書店サイトでは神アプリ7巻発売を記念して
第1巻第3話まで期間限定で無料で読めます。

秋田書店「神アプリ」無料試し読み→ http://t.co/9Vm3rQSqcD

しかもこの試し読みは、単行本や電子書籍では読めない
とてもレアな「雑誌掲載バージョン」です。
単行本や電子書籍ではこれに加筆修正を加えた「長尺バージョン」が収録されています。
ヤングチャンピオンで人気ナンバーワンの「神アプリ」を是非お楽しみください。







posted by 栗原正尚 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 怨み屋本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

あけましておめでとうございます。

年賀状2014s.jpg



あけましておめでとうございます。
新しい年が皆様にとりまして幸多き年でありますように。


さて、毎年恒例の去年の総括と今年の抱負を述べます。

去年は単行本を7冊も発売する事が出来ました。
単行本を生涯で100冊発売する事を目標にしていますが
これで53冊、残りは47冊となりました。

その他にコンビニ本も数冊発売されましたが
これもひとえに応援してくださる読者の皆様のおかげです。
本当にありがとうございます!

今年から2016年位にかけての数年間はいろいろ起こりそうな予感があります。
現在月産100ページでやらせていただいていますが
もしかしたらさらに増えるかもしれません。

昔、とある編集者に
「漫画家は描いてナンボだ!漫画描かないで能書きたれてる奴は漫画家じゃ無ぇ!」と
言われた事が強烈に頭に残っているので
ガンガン前に進みます。
今年も描いて描いて描きまくるので
応援よろしくお願いします。

本年も「怨み屋本舗」「神アプリ」をご愛読していただけたら幸いです。

栗原正尚
posted by 栗原正尚 at 11:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 怨み屋本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

怨み屋本舗REVENGE 8巻

img012-3s.jpg

1月17日に「怨み屋本舗REVENGE」8巻が発売されます。
グランドジャンプ創刊時から唯一欠かさず掲載されている人気作を
単行本で一気読みするチャンスです!
是非お買い求め下さい。
posted by 栗原正尚 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 怨み屋本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怨み屋本舗 正月スペシャル

img014-2.jpg

怨み屋本舗 正月スペシャル vol.1とvol.2が
12月31日に2冊同時発売されます。
第1部からチョイスされたエピソードが収録されています。
昔で言う「よりぬきサザエさん」みたいな本です。
コンビニ限定なので、年末年始のお供に是非買い求め下さい。

posted by 栗原正尚 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 怨み屋本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

困ったアシスタント列伝 その1


最近、食品偽装が問題になっているじゃないですか?

アシスタントにも偽装する不届き者がいて、
あれは2003年か2004年か2005年か、とにかくそれくらい前の事・・・。

ネットの掲示板でアシスタントを募集したのですよ。
「実力のわかる背景のカット(コピー可)を郵送で編集部に送るか
データでメールで送ってください」的な事を書いて。

そうしたらものすごく上手い背景を送ってくれた人がいました。
アシスタント未経験者だけど
作画所要時間も早いし、とりあえず来てもらう事にしました。

それでいざ背景を描かせたら全然描けない。
パースという言葉すら知らない。
来てすぐ、キャラの顔のど真ん中にインクを垂らし
とてもつけペンを使っている人には見えない。
1時間経過しても線が5本くらいしか描けていない。
描くより考えてる時間の方が異様に長い。

何この人?と思って
「この作画見本、本当にキミが描いたの?」と聞いたら
衝撃の答えが返ってきました。

「いえ、これは少年マガジンのなんとかっていう漫画の背景をコピーして
フォトショップで汚れを取りました。」

「はぁ?キミが描いたんじゃないの?」

「はい、コピー可と書いてあったのでコピー送りました。」

「ええええ?だってキミ、所要時間4時間とかって書いてたじゃん!」

「はい、それはこういう背景を4時間で書きたいっていう意味です」

「・・・・・・・・・・・・」

そんな意味、理解できねーっつーの!!

もちろん1銭も払わずにお引取り願いました。

ついでに後日談があって、
この話はバッチリと「怨み屋本舗」でネタにしました。
多分13巻以降のどこかの巻に載っています。
木経弟のエピソードです。

最近入った新入りアシスタントも
送ってきた作画見本とはかけ離れた背景を描くので
密かに偽装を疑っています・・・。
俺の疑いを晴らすためにもちゃんと仕事をしてくれよ、T君。
posted by 栗原正尚 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 困ったアシスタント列伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

ナラボン先生「会話」1巻発売オメデトウ

うちで4年ほどアシスタントをしてくれたナラボン先生の初単行本が
11月15日に発売されました。

タイトルは「会話」
ナラボン先生らしい直球なタイトルです。


ちなみに普段はナラボン先生のことはナランチャと呼んでいるのですが
公の場なので嫌々ながらナラボン先生と呼ばせていただきます。


IMG_20131118_153711858s.jpg


今回ネット書店で買ったのですが
なぜかシュリンクに包まれて配送されてきました。

ムムッ、仕分け係の人が困るほどエロイ内容なのか?
と思ってひっくり返してみると・・・・。


IMG_20131118_15371728s.jpg


バーーーーン!!

なんと、普通はカバーに印刷されているはずの
バーコードが
シールで貼ってあるではございませんか!!!


IMG_20131118_153805146s.jpg

「俺の大事な絵をバーコードごときに邪魔されたくないぜ」
というナラボン先生のこだわりが垣間見られて良かったです。

彼はうちで働いている時も随分と無茶なことをしていたので
走馬灯のように「ナラボン無茶ぶり伝説」が僕の頭の中を駆け巡りました。

そんな破天荒なナラボン先生が描いたのだから
面白くないはずがありません。
書店で見かけたら是非買ってあげてください。

ちなみに2巻は2014年秋発売だそうで・・・。
長っ・・・。


「会話」2巻が出るまでに僕は単行本6冊くらい出していそうなので
ナラボン先生のファンは僕の単行本を買いながら
「会話」2巻を心待ちにする事を推奨します。



posted by 栗原正尚 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 怨み屋本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする